家紋を「50音順」に並べるときには、大抵の場合、最後の部分がキーワードになります。
例えば、 「丸に橘(たちばな)」は、 「た」に分類します。
「亀甲に並び矢」の場合は、 「や」です。
一般に、囲みを表す 「丸」「亀甲」、状態を表す 「並び」「違い」、数を表す 「三つ」「四つ」などは無視されます。
しかし、何にでも例外は付きもので、 「下がり藤に角立四ツ目」「め」ではなく、藤の 「ふ」に分類するらしいです。
ほかにも 「九曜」「星」の仲間だから 「ほ」だったり…。
わかりにくいぞ!って言いたい。
[ もどる ]